中古マンション投資の成功法則&頼れる投資会社の情報まとめ

HOME » マンション投資お役立ち情報集 » 中古と新築の投資マンションの違いとは?

中古と新築の投資マンションの違いとは?

マンション投資では中古と新築のどちらが有利なのか。それぞれのメリット・デメリットを踏まえて解説しています。

初期のマンション投資額は「新築」のほうが高い?

マンション投資で、もっとも費用がかかるのが取得コストです。取得コストは大きく、物件価格(マンションの販売価格)と諸費用の2つに分けられます。

同じ間取りや立地条件で比較すると、物件価格はもちろん新築のほうが高く、1~3割ほどの価格差があるのが一般的なようです。

一方、諸費用に関しては中古のほうが高くなります。例えば、築年数の古い物件だとリフォームが必要になってくるでしょうし、投資用の中古物件は不動産取得税の軽減特例が使えないため、多額の納税通知が届くこともあります。

トータルでみると、一概には「新築のほうが高い」とはいえないこともありますので、取得コストを計算したうえでどちらがよいかを判断するようにしましょう。

利回りは「中古」の方が高くなる

利回りを決める最大の要素が、家賃収入です。家賃は新築のほうが高いだろう…と思われがちですが、これも一概にはいえないようです。

家賃を決める大きな要素は「立地」と「面積」。築浅の中古マンションなら、新築とさほど大きな差はないでしょう。物件価格は1~3割安くても家賃はそれほど差がないため、利回りは新築より中古の方が数%高くなるケースが多いようです。

ローンは「新築」のほうが借りやすい

新築の場合、デベロッパーや不動産会社が提携している金融機関などから各種ローンを利用することが容易です。一方、中古の場合は原則としてオーナーが融資先を見つける必要があります。

また、融資額も新築より中古のほうが低くなりますし、返済期間も短くなります。

なお、中古マンション投資を扱う投資会社が金融機関を紹介してくれるなど工面してくれる場合もあります。信頼できる会社の提携金融機関から新築同様のローンが借りられることもありますので、相談してみましょう。