中古マンション投資の成功法則&頼れる投資会社の情報まとめ

HOME » 必見!中古マンション投資の成功事例集 » 複数購入でさらに安定収益の事例集

複数購入でさらに安定収益の事例集

ワンルームマンションを2室以上購入し、いずれの経営も軌道に乗せているオーナーさんの成功談を集めています。

2室以上所有するオーナーの成功事例

投資マンションのオーナーさんの中には、2室、3室と手持ちの物件を増やして、収益を増やしている方も。そんなやり手オーナーさんの成功談を集めました。

Fさん(27歳・会社員)

上場企業の子会社に勤務するFさんは、若干27歳にしてワンルームマンション2室を購入しました。頭金はあわせて170万円。さらに自己資金で、毎年100万円の繰り上げ返済を立て余分な利息を極力減らす作戦に。この計画だと、40歳までには両物件ともローン完済、以降は毎月13万円以上の家賃収入が得られます。現在の収支は1万円以下ですが、節税も手伝って貯蓄は増えているそうです。

ローンを完済後は貯めた資金で3室目、4室目も計画しており、マンション投資だけで年収400万円以上が得られるオーナーライフを夢見ています。

Gさん(62歳・無職)

2年前に定年退職を迎えたGさんは、退職金の一部を使って2室のワンルームマンションを購入。家族の反対を押し切って購入したこともあって、残りの退職金は妻の管理化に置かれ自由に使えなくなりましたが(?)、2物件の家賃収入(毎月15万円)は自分のお小遣い。家賃収入で余裕のシルバーライフを楽しんでいるそうです。

Hさん(31歳・会社員)

不動産投資に興味をもったきっかけは、「手間がかからないから」というHさん。2年前に投資目的のワンルームマンションを購入し、現在は3件のオーナーです。いずれの物件も都内で駅から徒歩7分以内、築浅ということもあって入居者は絶えません。

さらに住宅ローンをうまく活用することで返済計画のめどを立てることができ、40歳までには完済して年間250万以上の不動産収益を上げることを夢見ています。

Iさん(57歳・会社員)

「金持ち父さん」に憧れた50歳のIさんは、現在3室のワンルームマンションを所持。何の手間もかからず待っているだけで家賃収入が入るオーナーライフを満喫しています。

数年前、最初に購入したマンションの入居者が退去し、収入がなくなるのでは?と不安に思ったそうですが、立地に恵まれていたこともあって3週間後には新しい入居者が決定。募集なども不動産投資会社が一貫して対応していたため、本職に差し障ることなく安心して過ごせているそうです。

Jさん(42歳・会社員)

Gさんは現在、3室のワンルームマンションのオーナー。頭金に重きを置いて早くローン完済できるよう繰上げ返済も行っています。

現在は3室あわせて年間50万円の収支。これが、50歳にローンが完済したときには432万円の収支になり、セミリタイヤ、老後の年金も安心できるようになりました。

中古マンション投資オーナーの口コミをもっと見る