中古マンション投資の成功法則&頼れる投資会社の情報まとめ

HOME » 中古マンション投資おすすめ会社ガイド » 日本財託

日本財託

投資用中古マンションの販売・管理を手がける日本財託の口コミを調査。取扱い物件やサービスの特徴などの情報もまとめています。

日本財託の中古マンション投資オーナー口コミ集

主人がワンルームマンションを2件所有しており、私にもできないかと日本財託さんに問い合わせてみました。

収入がない主婦など相手にされないと思っていたのですが、主人が連帯保証人でローンが組める商品があると知り、大田区の物件を購入。

大好きなテニスを続けたり、たまには友人と海外旅行に行ったりと老後が楽しみになりました。

投資にほとんど興味がなかったのですが、日本財託さんのセミナーを見て東京の中古ワンルームがとても理にかなった投資法だということが分かり、興味を持ちました。

これまで貯めてきた預金をもとに1物件を購入。酒もタバコもギャンブルもやらない私にとって、唯一のストレスの発散はカラオケですが、マンションを購入してからは、毎月入ってくる家賃でカラオケを思いっきり楽しんでいます。

日本財託を含む不動産投資会社を比較しています

中古マンション投資事業の特徴

取引数が月間50件、4,000人以上のオーナーが利用している不動産投資会社の大手企業・日本財託。そのほとんどの物件が日本財託の売主物件のため、仲介手数料は無料となるところがウリです。

物件は800万円~1,000万円の「バブル期物件(築20年以上)」と、1,200万円~1,700万円の「築浅物件」の2タイプから選ぶシステムになっています。

オーナーの年齢や自己資金額、不動産投資の目的に応じて提案してくれます。ちなみに、バブル期の物件のほうが賃料は安いものの利回りが若干高いようですが、長期的に安定収入を希望するオーナーには築浅物件をおすすめしているようです。

購入から5年間有効の空室補償制度をはじめ、滞納補償制度も導入。入居者募集、入居者対応、退去清算などの賃貸管理業務も行います。こうしたサポートサービスを、月額 3,150円というリーズナブルな管理費で提供してくれるところもうれしいですよね。

会社概要

株式会社日本財託
所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル10F
代表取締役:重吉 勉
免許証番号:東京都知事(6)第60951号