中古マンション投資で安定収入マニュアル » 中古マンション投資成功の鉄則

中古マンション投資成功の鉄則

中古マンション投資を成功させるための鉄則は「利便性・立地の良い場所の中古マンションを運用し、空室率を下げて高い利回りを得ること」です。どのようにして鉄則を守った中古マンション投資を行っていくのか解説していきます。

中古マンション投資を成功させるには?

軌道に乗れば長期的に安定収入が得られる中古マンション投資。成功させるためには、下記のようなリスクを知ることが大切です。信頼できるパートナー会社と運用することにより避けられるリスクも増えていきます。

すべてのマンションオーナーに、これらの課題はつきまとうもの。ですが、予測されるリスクは事前に回避できます。その重要なカギを握るのが、信頼できるマンション投資会社を見つける事にあるのです。

パートナーに選んだマンション投資会社が、経験と実績にもとづくしっかりとしたノウハウを持っていれば、リスクへの対策もわきまえています。そんなマンション投資会社であれば、収支が赤字に転落しないよう、オーナー様の一人ひとりに最適な運営プランを提案してくれるでしょう。

このカテゴリでは、信頼できるマンション投資会社を選ぶポイントや、投資プランの立て方、最大のリスクとされる「空室のリスク」の回避方法などを解説していきます。

中古マンション投資で注目すべきポイント

利便性・立地に注目する

中古マンション投資のターゲットとなるのは、高い利回りを得られることが多い単身者向け物件です。ファミリー向けと比較すると住む期間は短く、3月4月に空室ができてしまう単身者向け物件。しかし、空室ができても利便性・立地の条件が良ければ、すぐに埋まる可能性が高いのが魅力です。そのため、高利益を出すためにはなるべく単身者が好むようなマンションを購入するようにしましょう。

サラリーマンをしている単身者にとっては、通勤がしやすく、遅く帰ってきても生活に困らない環境がおすすめ。そのため、駅や都心部へのアクセスが良く、近くに遅くまでやっているスーパーがあるといった立地・利便性の良い物件を選ぶと良いでしょう。

利回りの違いを把握しておく

利回りには2つの種類があります。それは、「表面利回り」と「実質利回り」です。

「表面利回り」はマンションの購入価格のみを分母として年間合計賃料収入を割ったもの。「実質利回り」はマンションの購入価格だけでなく、仲介手数料といった諸経費も全て合わせた金額を分母として年間合計賃料収入を割った利回りを指します。中古マンションを購入する際は、表面利回りだけでなく諸経費を全て含めたトータルでの利回りを確認すれば、利回りと収入のギャップで悩むことが少なくなります。

空室リスクを考えておく

中古マンション投資を行う上での収入は賃料のみ。空室になってしまった場合、収入がゼロになってしまうので、空室対策は必須です。少しでも立地条件が良く、利便性の良いエリアの中古マンションを購入することで空室率を下げられます。

空室になっても家賃収入を得る方法としてサブリースと呼ばれるものがあります。不動産会社に物件を貸し出し、空室対策を含めた賃貸経営を任せる方法です。空室になるリスクがある分、家賃収入が下がってしまう可能性もあります。

中古マンション投資の今後について

高齢者対応・高級志向がカギ

中古マンションは現在のトレンドに加え、高齢者対応と高級志向が加わると考えられています。

高齢者が増える社会の流れを考えると、中古マンションを借りる高齢者の割合も増えてきます。今までのサラリーマン単身者向けでなく、退職した高齢者に好まれるようなマンションにも注目しておきましょう。

また大手不動産業者は、従来の中古マンションと比べて高級志向の物件を建てています。世間では設備のクオリティも求められている流れになってきているようです。

信頼のおける不動産投資会社を見つける

中古マンション投資を成功に導くポイントとして、信頼のおける不動産投資会社の見極め方を解説しています。

信頼のおける不動産投資会社を見つけるはこちら

中古マンション投資で知っておきたい立地条件

中古マンション投資で重視するポイントの一つが「立地」。こちらでは、中古マンションの立地の重要性と、どのような立地が人気を集めやすいのかについて解説しています。

中古マンション投資で知っておきたい立地条件はこちら

綿密な投資プランを立てる

収支や将来設計を踏まえた、堅実に軌道に乗せるための中古マンション投資プランの立て方を解説しています。

中古マンション投資を成功に導くプランの立て方はこちら

空室リスクが少ない物件を選ぶ

投資用中古マンションの中で空室リスクが低い物件とは?その条件となる要素について解説しています。

空室リスクが少ない中古マンション投資とは?はこちら

中古と新築、マンション投資の利回りで得なのはどっち?

中古マンションの利回りは3~7%です。物件によっては10%を超えます。新築よりも高い傾向にあるとはいえ、利回りのパーセンテージだけで判断するのは非常に危険。こちらでは、マンションの利回りについて解説しています。

中古と新築、マンション投資の利回りで得なのはどっち?はこちら

中古マンション投資でおすすめの不動産投資会社
ランキング
クレド
google
レビュー
評価
4.2
中古物件の
掲載数
146
駅チカ度
35
シノケン
ハーモニー
google
レビュー
評価
3.5
中古物件の
掲載数
43
駅チカ度
7
和不動産
google
レビュー
評価
3.4
中古物件の
掲載数
79
駅チカ度
3

※Googleレビュー評価が3.0以上で、中古物件をHPに30件以上掲載している3社をピックアップしています(情報は2020年7月22日時点)。
※「駅チカ度」は山手線内の駅から徒歩5分以内にある物件の数を示したものです。

おすすめの中古マンション投資会社ランキング

中古マンション投資を成功させるには、会社選びが最重要。「口コミ評価」「物件数」「駅チカ物件数」をもとにしたおすすめの中古マンション投資会社をランキングで紹介します。