中古マンション投資の成功法則&頼れる投資会社の情報まとめ

HOME » 中古マンション投資成功の鉄則 » 空室リスクが少ない物件を選ぶ

空室リスクが少ない物件を選ぶ

中古マンション投資の大きなリスクである「長期間の空室」。それを回避するための物件選びのポイントを解説しています。

最大のリスクを回避するために

家賃収入で利益を得る中古マンション投資において最大のリスクは、「空室が続くこと」です。家賃収入がなければ、ローンの返済や管理費、手数料などの支出ばかりが増えるだけ。これを避けるためには、空室率の低い人気エリアや今後伸びる再開発エリアで魅力的な物件を選べばよいのです。

人気エリアは時代によって変わっていきますが、東京都心が安定していることは間違いありません。とりわけ、山手線の沿線・城西・城南などは企業・教育機関の都市回帰によって、2025年までは人口の増加が予想されています。

また、東京でのオリンピック開催によるホテルや施設の建築ラッシュにより、東京都心は非常に活性化しているので、ますます需要が高まっています。

しかも、中古マンション投資のメインターゲットである単身者は、東京の総人口が減少し始めても増えていくとも予測されています。これは、大学生や企業勤めの一人暮らしの『若者』だけでなく、企業が多いことから海外からも仕事を求めて東京に住む『エリート外国人』や、高齢化が進むことよって『一人暮らしのお年寄り』も増えていくことが予想されるため。病院や商業施設などに近い都心の便利なところで暮らしたいと考える高齢者も増えているようです。

投資会社選びの際には、こうしたエリアで「自分も住んでみたい」と思えるような魅力的な物件を多く抱えているところを選ぶようにしましょう。

空室リスクが少ない投資中古マンションを扱う会社BEST10 

相場に見合った家賃かどうかをチェック

収入を増やしたいと家賃を安易に引き上げると、かえって空室リスクを高めてしまいます。そのエリアで、駅からの距離、築年数がほぼ同じような物件と比較して相場はどれくらいなのか、知っておくことが大切です。

それなりの実績がある投資会社であれば、相場に見合った家賃を提示してくれますが、オーナー自身もあらかじめ調べておくと、実績のある会社かどうかを見極める判断材料にもなりますよ。

また、実際に物件のあるエリアに足を運び、地場の不動産屋で相場観の確認をすることもひとつの方法です。